忍者ブログ
〓 Admin 〓
<< 06   2018 / 07   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31     08 >>
[48]  [47]  [46]  [45]  [44]  [43]  [42]  [41]  [40]  [39]  [38
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

◆今回の対人戦

~エレミア平原~

一人の侍 vs アルカディア

お二人ともさすがというかなんというか……。


~ミレット山道~

Killer13 vs 第11941パーティ

ヤドさんは先手を取ってショックを詠唱しますが、
Mrs.13さんのスキル妨害によって発動できません。
逆にパラライズにより麻痺させられると、ライフドレインの連打で押し切られる形に。


~バーリー要塞~

第1872パーティ vs 何時でも何処でも酔っ払い

アハ体験さんは今秋新たにパワスト4取り、火力を大幅に底上げしています。
サラエルさんはというと、火力で劣る分、スピードで何とかしたかったのですが……
残念なことにクイックを妨害されてしまい、万事休す。
……ただ、サラエルさんも火力が低いわけではなく、
アハ体験さんを残りHP586まで追い込むあたりはすごいものです。


第350パーティ vs 基本前転で進みます。前は見てないので避けてください。

 タッスル は継続登録を行っていません。(1回目)

ということで、Vespaさんの圧勝となりました。


~ヘステイア高地~

AliceSeptet vs 第592パーティ

碧さんはコンセントレイションとファストマジックを組み合わせ、
パラライズを詠唱しますが、運悪くアリスさんの使い魔による中断が発生してしまいます。
コンセントレイション無印では45%くらいの効果だったはずなので……仕方ないといえばそうかも。
今度はアリスさんがフィアーで逆襲し、ライトニングフィールドでフィニッシュです。
対人戦で全体魔を使うということは……シンボル戦によほどの思い入れがあったのかも。


まふてぃ・なびーゆ・えりん vs メナス

第2行動ではささんはサイレンスを生打ちし、アルテさんを静寂に。
機敏差もそこまで開いていないのに……運がいいですね。
事実上アルテさんは無力化し、物理系のはささんは
次々と大ダメージを与え、そのままアルテさんを撃破!
サイレンスが明暗を分けた一戦でした。


灯火屋 vs 新鮮組壱番隊

やはり火力差があまりにも開きすぎています。
新鮮組が一回り行動を終えると、灯火屋はほぼ全滅状態。
なんとか生き残ったランさんも、最後はあっけなく膝をつくこととなりました。


~聖者の丘~

燃やせ!魂を極限まで燃やすのだ!命を懸けて燃やした魂の炎はやがて、お前の前に立ちはだかる障害を全て焼き尽くすだろう。その極限状態こそが唯一の誰にも負けることのない最強の極意だといえる!ただ、使い方を誤ってはいけない。その極意に(略 vs 夢に咲く花

本当に一瞬での決着でした……。
悪足掻きとしての落とし穴は……まあわかるとしても、
まさか初手グレイスの恩恵を得られずグラビティプレスで1発とは……。


アストローナ観光協会! vs 忍び圏突入

どちらも持久型のパーティのため、やたらと戦闘が長引いています。
どうしてもPKであるランダム教団側のほうが装備などなどの質が良く、
長期戦になると差が響いてくるのは当たり前の結果といえます。
今回の注目は、むしろ勝敗よりも、テトスさんのこのセリフです。

 どうせ何を召喚したって勝敗に響くことは多分ない。
 ならばこの対人戦という貴重な機会を活かしてルーン魔法の研究に貢献した方が世のため人のためナンパのためになるのではなかろうか。
 ――というわけで、じっけん☆
 「スキュラのアクアプロテクション(列防御力上昇)は対象指定すれば敵にも有効なのか?」

ナンパのためになるかは知りませんが(汗)、ともかく、
普段なら味方に向けて使われるべきスキルの挙動についてです。
その結果はというと……。

 テトス の ルーン魔法 が発動!
 テトス は スキュラ を召喚した!
 スキュラ は アクアプロテクションII の構えをとった!
 スキュラ の アクアプロテクションII が発動!
 不知火 の防御力が 220 上昇した!
 ティオ の防御力が 400 上昇した!

なるほど……まさか敵側にメリットのある効果が相手にそのまま付与できるとはっ。
何か面白いことに応用できそうですが、私には思いつきません(涙)


Gamble Party vs 孤独な冒険者

序盤は妨害や静寂を避けてか、Gamble Partyはやや遅めの組曲開始です。
ただ、タイミング悪く孤独な冒険者側の魔法が連発し始め、
ジャンクさん、藤九郎さんのHPがガリガリ削られてしまっています。
ミサさんの回復で何とか持ちこたえ、ついに蟒蛇を発動させますが、
ジャンクさんがその蟒蛇発動前にノックアウトさせられてしまいました。
ミサさんのMPは尽き、藤九郎さんもスキルを打ちつくしてしまっているため、
もはや勝敗は決してしまいました。
倒れる順が逆だったなら……。


新しい忍び vs 自爆戦隊『ゴー爆発だーズ』 自爆チャイニャ班

アールさんは自爆狙いだったようですが、計算がうまくいかず不発に終わったみたいです。
詳しいことはアールさんのブログで!


~逝者の谷~

銀彩の墓標 vs 第132パーティ

メルさんを石化させて殴り倒す、という作戦でしたが、
それよりも気になるのは、フェイクデスの、「じっとみつめている。」のほうだったり。
……何かがおかしい。


~ヴァルグ渓谷~

司書ノ者 vs 希望を胸に全てを終わらせるとき

使い魔4連とクリムゾンフレアで、スンヤさんがいきなりの戦線離脱です。
使い魔は弱化されたとはいえ、初手グレイス回避に重宝したり、
ダメージソースとしてもかなり有用なのは変わりません。
プロトさん一人で裁縫名人さんと戦慄のリヴァイアスさんを相手取るのはほぼ不可能です。
最後は自爆……お見事でした。


~アウストリ海岸~

晴れときどき光合成 vs 狐娘は今日も征く

コギトさんは精神が高いため、マイナーメディックでそこそこの回復量を誇りますが、
こよりさんの猛ラッシュ相手では手一杯です。
骨折もするだけしてしまい、最後はやはり押し切られる形に。


~ルベツアール峡谷~

人生各駅停車の旅 vs 人斬りアイドルの可憐な旅

知性の高い土魔法の威力を恐れてか、カレンさんはコーティングによって、
被ダメージを減少させる作戦に出ました。
しかし、またろーさんはというと、ストーンチェンジの使用をチョイス。
フェイクデスを使用してカレンさんの石化を待ち、堂々の勝利を果たしました。
これにより、またろーさんは賞金29,524シリーンをゲット!


~赤眼の塔~

神宿 vs 絶世のカマセイヌ

当然といえば当然の結果ともいえます。
ギロティン4は即死ダメ確定のため、さすがに妨害で止めはするものの、
魔法火力の強いカマセに対して、神宿のなせることは少ないようです。
カマセは魔法の単体・全体の使い分けがうまい気がします。


~冥界 カイーナ~

ジョワイユーズ vs ドッペルゲンガー

まあ……ディフェンシブも双盾術もなければ……という感じ。


◆今週の新スキル&観察

★戦いの歌派生
☆☆非力の挽歌II

習得者は黒髭と天使のアーリアさんです。
非力の挽歌は敵全体の攻撃力を減少させるスキルで、
IIだと、「攻撃力の30% + 100」ほどの効果量となっています。
持続時間も5ターンと割と長めのため、
攻撃力の高いボスなどを相手に使うと恩恵を得られそうです。


◆次回の対人戦

今週はいろいろ遅れ気味でごめんなさい……。
次回は特に注目カードが目白押し!
個人的には結構面倒なタイミングできたもんだ……(笑)

~マルティア大森林~

残月 vs アルカディア

たぶんこの二人も次回で3度目。
……特にいうべきことも見つからず。


魔法少女☆まりあ vs アストローナ遊撃旅団~弐番隊~

アス遊のパティさんがソロPKKです。
パティさんは高い魔法反射率と機敏を持っている魔法使い殺し。
魔法使いのマリアさんにとっては、ここ最近で一番難しい大戦になるのでは。
マリアさんは今週怯懦の狂想曲を修得しており、
だんだん魔法使いなのか詠師なのかよくわからなくなってます……。


~ミレット山道~

第500パーティ vs Killer13

bijikuさんはソロの解鍵・解封師。
物理攻撃型での育成のため、殴ればそれなりのダメージが出ます。
Mrs.13さんが次回身継続なら勝てる可能性は十分といえますが、
あまりに消極的な勝ち方ともいえます。


~ヴェーラス大湿地帯~

一般パーティ vs 第1872パーティ

一般パーティのメサイアさんは、SP消費によるスキル修得が、
今のところ強打のみという、ある意味すごい人。
……いや、ほんとにすごいです。
アハ体験さんに勝てたらもっとすごいです。


~ヘステイア高地~

まふてぃ・なびーゆ・えりん vs 夢に咲く花

はささんは今週アルテさんを斬り返したばかりなのにまたもやPK戦です。
相手は魔法戦士のノエルさん、土魔法使いです。
はささんは土耐性のため、耐えきれば十分斬りかえせるのでは。
ただし、ノエルさんの状態異常魔法にも注意です。


~黒眼の塔 地下1階~

方舟 vs なんとなく寄せ集めてみ隊

ランダム教団は補助と罠のタッグでのPKです。
攻撃は罠のサクヤさん一辺倒なので、そこを逆手に取れば、
方舟側にも勝機が見えてきます。
なすかさんの土魔法は、サクヤさんの弱点だったりしますし……。


~逝者の谷~

黒髭と天使 vs 忍び圏突入

たまたま合流したところを斬りかかられた模様です。
先日転生したばかりの芦屋さんとせれさんのタッグに、
ナインテイルのメンバーを2名加えた編成です。
どちらかというと、実戦向きではないメンバーに見えます。
ランダム教団側は持久戦向きの編成で、壁役のティオさん以外は、
かなりの機敏値を誇るメンバーです。
どちらも押せ押せの火力編成ではない分、
次回は持久力が問われる戦いになりそう。
個人個人のレベル差にも注目です。


銀彩の墓標 vs 第11943パーティ

ファウストさんはソロの鍛冶・解封師です。
戦闘能力はほとんどないため、やはり次回は白銀さん優勢です。


~ヴァルグ渓谷~

FREETERS☆花嫁修業中 vs 希望を胸に全てを終わらせるとき

FREETERSは裏方系の二人組ですが、その割に火力・持久力ともに高め、
前回の対入肉協会戦は敗北こそしましたが、それでもその実力を見せてくれています。
ランダム教団もFREETERSと似た編成ですが、
実戦向きのスキル編成のため、やはり火力はこちらが上でしょう。


~アウストリ海岸~

人斬りアイドルの可憐な旅 vs ある晴れた日

シャンさんは機敏特価のP戦士で、割とカレンさんと似た感じがします。
ただ、装備が貧弱なため、カレンさんの猛攻についていけない可能性が。
逆にカレンさんはいかにシャンさんの攻撃を
上回る攻撃を繰り出すがかカギになりそうです。


TTI営業本部 vs 機動殲滅隊

次回の大型対人戦その1です。
TTI社は魔法3に罠1、そして高速補助2という攻撃的な編成で、
一行動でさえ相手に全壊に近い損害を与えることができそうです。
機動殲滅隊は単発物理火力を多分に取り入れつつも、
魔法と補助を併せ持つ、こちらも攻撃よりな編成です。
装備品の差から、どうしてもTTI社のほうが優勢になってしまっており、
何よりもレベル差もひどいことに。
同社新聞でも取り上げられている通り、
機動殲滅隊にはかなり部の悪い戦いになりそう。


~赤眼の塔~

狐娘は今日も征く vs 第37190パーティ

どこかで見たことのある組み合わせだと思ったら……。
こよりさんは今のところ無敗の高速物理。
エコーロさんは知性の高めな水魔法使いのため、
大ダメージを繰り出せば一矢報いることもできるかも。
ただ、この機敏差ばかりはいかんともしがたいところです。


~赤眼の塔 2階~

絶世のカマセイヌ vs アストローナ遊撃旅団 ~壱番隊~

次回の大型対人戦その2です。
現在フルメンバーのPKとしては超珍しい、無敗のPKカマセイヌと、
PKKのアス遊の激突です。
アス遊は今週赤眼2階に集合してきているあたり、
カマセイヌ戦を意識した編成であるようです。
カマセイヌは物魔罠補助と一通りそろったバランス型ながらも、
かなりの火力を有しており、魔法に隠れがちですが、
特にバルさんの2種の罠は強烈です。
アス遊は魔法4補助2という特化編成。
カマセには魔法反射兵器がやたらあるんですが、大丈夫なんでしょか。
魔法反射といえど、差し違える覚悟で来られると、割と怖かったり。
ざっと見、実力はほぼ拮抗か、カマセがやや優勢という感じかな。
次回最注目の一戦です。


~ルベツアール峡谷~

第29576パーティ vs Sleight of Artists

次回の大型対人戦その3です。
……自分のとこなので、ものすごく書きづらいです。
作戦は私が立てます、というか立てました。

作戦を立ててみて思ったのは、SoAから見てフロイラインは、
相性が悪くはないけども、抜群に良いわけでもないという感じ。
次回がSoAとしてはデビュー戦なので、是非勝利で飾りたいところです。


~閉ざされた階段~

とおりゃんせ ~この先、朱鬼の通り道~ vs The Highwayman

どちらも機敏特化ですが、襲撃側のクスターさんの方が圧倒的に上に見えます。
シオンさんは状態異常スキルを多種持っているものの、
キュアオールの前ではなかなか決めづらいところ。
ストーンチェンジに他のスキルを絡めて、
反撃の間を与えずに石化させてしまうほかに手段はありません。


~冥界 アンテノーラ~

イブラシル超特急 vs オリエントインダストリー

次回の大型対人戦その4です。
冥界での対人戦としては、これが最初の大規模戦です。
超特急は冥界入り前にカマセイヌに襲われており、
ここの所ついていないことこの上ない感じです。
オリエントはおそらく今期DK界でも最高の火力を所持しているため、
カマセイヌ戦以上に苦しい戦いになりそう。


第37213パーティ vs 第37224パーティ

どう見ても同門対決に見えるんですが、
どうやら申し合わせの対戦ではないらしいです。
どちらもマイナーヒール派生のスキルがメイン。
持久力なら金影さんが、スキルの多彩さではジャレさんが。
……とはいえ、金影さんに回復をさせずにスキルを通し続けるというのは、
かなり難しい上にテクニカルなはず。
ジャレさんの知恵の見せ所です。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
ついった
最新CM
[06/04 紳士]
[02/27 ふれで でした。]
[02/25 アンファング(350)]
[01/17 ふれで でした。]
[01/16 シルボ(239)]
プロフィール
HN:
フレデリル・アヴァロン(347)でした。
ブログ内検索
アナライズ
Copyright(c) Like a Prism All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* photo by 空色地図 * material by egg*station *Template by tsukika
忍者ブログ [PR]